蝶ヶ岳へ Day2

太陽が遠くの稜線に沈んでいく山の夕暮れは普段目にすることの出来ない特別な時間だと思う.沈んでいく太陽が穂高連峰に隠れた後は空がオレンジに染まり,大キレットから一本の光の柱が出来た.それを見ていた誰もが自然と笑みがこぼれ,来て良かったねと話していた.刻々と変化する空を僕らも無言で眺めた.来て良かった.心の底からそう思った.そしていつか家族にもこの景色を見せてあげたい.静岡の山仲間の家族が羨ましいなと...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。