夏山へ②

一つまた一つとピークを踏む度に次はどこへ行こうかと考える.

                    ↑
          この辺から風空さんがこっちを見ていたことに現像して初めて気づくww


中岳山頂から見る赤岳はまさに八ヶ岳の主峰.長く険しく見える道のりも歩き始めるとそうでもない.
SDIM2058.jpg

山登りの時,僕は後ろを歩くのが好きだ.
こうやって仲間の後姿を写真に収めるのが何気に好きだから...
SDIM2062.jpg
SDIM2066.jpg
SDIM2068.jpg

赤岳中腹から振り返れば,そこには中岳と阿弥陀岳.
そう言えば阿弥陀の登り,先頭を歩いていた僕は浮石の多さにshinjiくんを先に行かせ,風空さんに
どうぞどうぞと2番目を勧める.落石があっても決して2人を盾にしようとした訳ではない(笑)
SDIM2069.jpg
SDIM2071.jpg

文三郎尾根の分岐を過ぎれば,いよいよ最後の岩場.
SDIM2072.jpg
SDIM2074.jpg
SDIM2079.jpg
SDIM2080.jpg
SDIM2081.jpg

そして
SDIM2083.jpg

山頂!
SDIM2083-1.jpg
SDIM2083-2.jpg

山頂にある旧赤岳頂上小屋.現在赤岳頂上山荘.
SDIM2088.jpg
SDIM2089_20120801212554.jpg

赤岳からの下り.横岳へ続く稜線上に赤岳天展望荘が見えます.ここは確かお風呂あり.
SDIM2091.jpg
SDIM2097.jpg

ビールで乾杯したいところだけど,地蔵尾根を降りる為,行者小屋まで我慢.
SDIM2096.jpg

赤岳に行く際は文三郎尾根回りで行った方が楽ですよー
SDIM2103.jpg

そして行者小屋到着.夕立にそなえTWING設営→土砂降り.
SDIM2115.jpg

ある意味宴会がスゲー楽しかった♪久しぶりに爆笑した山での宴会.内容は薄いですが(笑)
SDIM2111_20120801212632.jpg
SDIM2113.jpg
SDIM2117.jpg
SDIM2118.jpg

そうそう,ウナの全室はこんな風にすると隙間が確保できて荷物が置けますよ.
インナー外す手のもあるけど,せっかく広いスペースを潰すのも勿体無い.
あたかも自分でやったかの様に書いてるけど,風空さんがやってましたw
オレもそうしようと思ってたけどね(笑)
SDIM2121_20120801212705.jpg




Day2
今日の快晴.でも多分崩れるだろうと昨日全て登った結果,やっぱり日中はガスってダメだった様です.
SDIM2123.jpg

朝ゆっくりし楽しかった行者小屋を後にします.
SDIM2126.jpg
SDIM2130_20120801212725.jpg
SDIM2132-1.jpg

全員住んでる所が違うけど,共通して言えるのは山が好きだと言う事.
でも山登りしている最中,山の話は全くしてないよな(笑)
また行こうねー!おしまい!!
SDIM2133.jpg

【赤岳】
赤岳(あかだけ)は長野県南佐久郡南牧村,諏訪郡原村,茅野市,山梨県北杜市にまたがる標高2,899 mの山.
八ヶ岳中信高原国定公園南部に位置し,八ヶ岳連峰の最高峰である.
山名は山肌が赤褐色であることに由来し,山頂は南峰と北峰に分かれている.南峰に一等三角点と神社があり
北峰には赤岳頂上山荘がある.