甲斐駒ヶ岳へ

山行きたいね・・・じゃあ行きますか!
確かそんな会話で始まった今回の甲斐駒.茶々さん,風空さん,jimさん,arigatoさんと行ってきました.
SDIM3005.jpg
思い起こせばここ甲斐駒は僕にとって一番思い出深い場所.
それは初めてakkyとshinjiくんと出会った場所.偶然の出会いから始まったHIKER'Sが今も続き
みんなとの山登りがあったからこそ,各方面の方々と繋がれる切っ掛けになった始まりの場所でもあるから.


jimさんの雨男疑惑を晴らすべく北沢峠へ向かうとまさかまさかの快晴に(笑)
南アルプスの女王 仙丈も僕らに微笑んでくれたって事で.
SDIM2956.jpg

いつもやんちゃな風空さん.
SDIM2950.jpg

すっかり秋の雲に変わり,紅葉もあと少しで終わり.
SDIM2957.jpg

1回位はjimさんに晴れ登山を味わってもらいたくて計画したけど,まだまだ安心できませんww
SDIM2958.jpg

北沢峠から双児山を抜け駒津峰に到着.
双児山でshinjiくんにアミノ酸を貰い,同じ様なペースで歩いて結局一緒に登ったなぁーなんて
思い出しながら登りました.
SDIM2971.jpg

ここからの甲斐駒は最高に綺麗です.その甲斐駒をバックに輩の方々と記念に1枚.
辛うじてNaoくんで爽やかさを保ってるなと誰かが言ったとか言わないとかww
そう言えばシンくんがarigatoさんがタモリに見えてきたって言ってたな・・・
arigatoさん,また一緒に山に登ってくれるかなー?(笑)
SDIM2969.jpg

甲斐駒と摩利支天.
あれなに?と風空さんに聞かれ摩利支天だよと答えると・・・ナチュブロ支店みたいだねって・・・・
ボケてんのかな?って思ったけど,多分本気で言ってんだなと自分に言い聞かせスルーしました(笑)
SDIM2972.jpg

紅葉がぶっ飛んでます.綺麗.
SDIM2978.jpg

甲斐駒は長野県側から見る方が個人的には好きです.ピラミダルな容姿,そして白い岩肌.
安いキャッチコピーみたいですが自分の中では今も昔も変わらずNo.1!
SDIM2980.jpg

茶々さんの笑顔を見てみんなで来て良かったなと実感♪
何気にテン泊での山登りは初めてだったとこの時気づく.あ,ちなみに帰ってから大丈夫でした?(笑)
SDIM2981.jpg
SDIM2992.jpg

一生懸命登るarigatoさんww
喋ってばかりの風空さんと僕とは違い山屋の風格はメンバー随一です.
SDIM2995.jpg
SDIM2996.jpg
SDIM2999.jpg

最後の力を振り絞って山頂を目指します.
SDIM3002.jpg

また誰か岩に登ってるぞ~って見ると風空さんかいって(笑)
オレも登りましたが正真正銘ここが甲斐駒の最高地点ですね.ちなみに登れるようにステップあり.
SDIM3006.jpg

山梨方面.
SDIM3007.jpg

八ヶ岳.
SDIM3009.jpg
SDIM3011.jpg
SDIM3017.jpg
SDIM3018.jpg

山頂で少し休憩をし下山開始.まるでどこかのビーチ.
SDIM3025.jpg

arigatoさんが手にしたカメラが双眼鏡に見え,勝手にスナイパーみたいだなって思って一人でニヤリww
SDIM3047.jpg
SDIM3048.jpg

仙水峠からの甲斐駒もそれはそれは素晴らしい眺めです.
SDIM3051.jpg
SDIM3055.jpg
SDIM3053.jpg

この辺は紅葉がピークでしたね.
SDIM3056.jpg
SDIM3058.jpg

今回arigatoさんが宴会用に準備してくれたケロン.最高に快適で寒さを凌げました!ありがとねー
SDIM3065.jpg
SDIM3067.jpg

次の日.昼くらいまでテン場でマッタリし北沢峠にある長衛荘でバスを待ちます.
僕の山記事でこの画がないのはおかしいので1枚.
SDIM3070.jpg

素晴らしい天気,楽しい仲間に囲まれ最高の2日間を過ごせました!
それぞれ家に帰れば不機嫌な嫁が待っていると分かっても,無事に家に着く事が最も山登りに重要な事(笑)
それでも僕は思うんですよ.
自分が色んな経験をしていれば子供が成長していく過程で色んな道を与えてあげられると.
まぁ嫁様目線は自分が遊びたいだけだろーが!ですけどね(笑)
SDIM3069.jpg
みなさんまた行きましょう!すっげー楽しかった!!

【甲斐駒ヶ岳】
甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)は南アルプス国立公園内の赤石山脈(南アルプス)北端の山梨県北杜市と
長野県伊那市にまたがる標高2,967 mの山である.
峻険な山容をもち半ば独立峰のような姿勢で屹立する日本アルプス屈指の名峰.
長野県側(特に甲斐駒ヶ岳と木曽駒ヶ岳に挟まれる伊那谷周辺)では,甲斐駒ヶ岳を東駒ヶ岳
(ひがしこまがたけ),木曽駒ヶ岳を西駒ヶ岳(にしこまがたけ)と呼ぶ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。