将棋頭山

shinjiくんshintaroとガッツリ歩こうかって事で中央アルプスの将棋頭山へ行って来ました!

HYPERLITE MOUNYAIN GEAR / 3400 Portere Pack
Stuff Pocketは用途に合わせてつけています.
荷物が多くなる冬や何泊かの縦走用に3400 Portere Pack.

普段20kg位背負って山登りするスタイルなんですけど,最近UL系の道具が多いのはカッコいいからで
荷物を軽くしようとかって気はそんなにはないかな.
荷物が軽ければ勿論楽だけど重い荷物を背負って行く内に体もその重さに慣れるし,いざって時の
体力も付くと思うんで,もし冬山やろうって方は夏も重い荷物担いだ方が良いと思います.


将棋頭山へのルートはクラシックルートである桂小場から.
桂小場から登り始めたいところですが,冬季は全面通行止めなので小黒川キャンプ場から林道歩き.
将棋頭山
SDIM0088_20130114211859.jpg

30分ほど歩くと信大西駒演習林宿舎へ到着.ここからやっと登山道が始まります.
SDIM0090_20130114211859.jpg
SDIM0092_20130114211900.jpg
SDIM0095_20130114211900.jpg

日当たりがいい所は積雪15cm程度でしたが,昨日の雪で一気に量が増えたと思います.
SDIM0098_20130114211900.jpg

ちなみに今日は日帰りです.各自13kg前後.
SDIM0101_20130114211900.jpg

馬返しでは結構な積雪量.深いところでは1m近くありました.
SDIM0103.jpg
SDIM0105_20130114211941.jpg

そうそう,多分年が明けてからは誰も歩いてない様でトレースが全くない箇所多数.
よってラッセルがハンパなく3時間のところを4時間掛かりました・・・
SDIM0107_20130114211942.jpg
SDIM0109.jpg

本当は山頂まで行きたかったけど,ラッセルに予想以上の時間を費やし大樽避難小屋でSTOP.
夜新年会もあったし(笑)
SDIM0108_20130114211942.jpg

shinjiくんが持ってたスコップ!名前忘れたけど何かと役に立ちそうなアイテム.
SDIM0111.jpg

雪があれば自然の風防も簡単に作れます.スコップが役に立つ.
SDIM0114_20130114212003.jpg

-10℃くらいあるけど避難小屋の中で食べる気になれず食事は外で.
SDIM0115_20130114212003.jpg
SDIM0117_20130114212004.jpg

みっちゃん常念に引き続きありがとう!これマジで美味しい.
SDIM0118_20130114212004.jpg

で帰りはTSLのスペードスレッドの腕を磨きながら下山しました.
SDIM0122_20130114212004.jpg

残念ながら目標の半分で断念.標高差1500mをあげるつもりでしたが900m位でした.
来年は木曽駒から将棋頭経由で歩いてみよう.そう思いながら飲み会に向かうのでした(笑)
また行こうねー
SDIM0132_20130114212015.jpg

【将棋頭山】
将棊頭山(しょうぎかしらやま)は木曽山脈(中央アルプス)にある標高2730mの山.
山の姿が将棋の駒に似ているところから名前がついた.日本の分水界が山頂の間近まで迫っているが,
将棊頭山の山頂に降った雨は東は天竜川,西は木曽川へと集まり,いずれも太平洋へ注いでいる.
ちなみに分水界は山頂の北西約1kmの胸突ノ頭付近で,日本海に注ぐ信濃川水系の奈良井川の
源流となっている.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。