野伏ヶ岳BC②

夜になる頃には雪もやみ風もなく星空が出ていました.
DSC00656.jpg


その頃完成した雪洞の中で2人で宴会.
雪洞内は湿度が飽和状態にあるので濡れた服などは乾きません.
鍋の蓋を掛ければそこはどこかの温泉か?と思うくらい湯気でshinhiくんすら見えなくなります.
カメラもレンズが曇り殆どなし.
DSC00642.jpg

照明はロウソクを持っていきました.お仏壇で使うあれです.
太いロウソクは中心部分が減っていき芯が中に入り込んだとき明るさも低下するので仏壇ロウソク.
雪洞内の室温は0度以下にならないと思います.この日も食事中は2~3度程度,寝るときが0度くらいでした.
ちなみにバーナー使っても暖かくはならないので防寒対策は必要です.
そして雪が少しずつ溶けて落ちてくるので,格好やシュラフも考える必要あり.
今回はウエスタンのアンテロープGoreを使いました.オーバースペックですが使ってみたかったので.
DSC00645.jpg

結構広いでしょ?しかもお互い寝顔が見えない様に仕切りも作りましたよ(笑)
DSC00662.jpg

次の日の朝.
今日は快晴か?と外に出てみると・・・積雪50cm以上ww
DSC00663.jpg

板もスノーシューも全て埋まってます.
DSC05065.jpg

この時点で腰ラッセル!奥美濃って凄い雪降るんですね.
DSC05070.jpg

HYPERLITE MOUNTAIN GEAR Porter3400
DSC05074.jpg

一晩過ごすと天井がかなり落ちてきます.その点も考えながら雪洞を掘る居必要がありますね.
DSC00667.jpg

ホント我ながらいい出来!
DSC00670.jpg

雪の状態や視界が悪いこと等考慮し,野伏の山頂は諦め下山.
DSC05083.jpg
DSC05091.jpg

でも下山途中で滑りましたよ.
DSC05092.jpg
DSC05094.jpg

山頂には行けなかったし殆ど滑れなかったけど,スゴく楽しい思い出に残る雪洞泊BC.
少しずつ自分自身のスキルを上げていきたいと思います.
shinjiくんお疲れ!また雪洞泊やろうねー
DSC05095.jpg

車に戻ってもまた雪かきでした(笑)おしまい!!
DSC05099.jpg

【野伏ヶ岳】
野伏ヶ岳(のぶせがたけ)は岐阜県郡上市白鳥町と福井県大野市の境にある標高1,674 mの山.
両白山地の山で日本三百名山及びぎふ百山に選定されている.
野伏ヶ岳の東側には石徹白川があり,その支流の推高谷と小白山谷の源流の山である.
一般的な登山道がなく豪雪地帯であり春先の残雪期に登られる山である.