蝶ヶ岳へ Day1

蝶ヶ岳へ仲間と行って来ました!
image_20130724173220.jpg


蝶ヶ岳ハイクへ行くと聞いていたシンくん,Hくん,coba.当初家の用事で土曜の午前が出れない予定だったので
色んな方からのお誘いをお断りしたり,追いかけるにしても遠方へ行くことが出来ずどうしたもんかと思っていたところ,金曜の夜嫁様からお客さんとのアポが変更になったと連絡を貰い朝から蝶ヶ岳へ行ける事に.
現在仕事が忙しく帰宅したのが22時.そこから準備し4時半に安曇野へ向けて出発.
DSC01175.jpg

ゲートから林道終点三股登山口までは15分程の歩きで,登山口を入ってすぐに常念岳分岐点があるので道標に従って直進.本沢に架かる吊り橋を渡って沢沿いに登ると力水と呼ばれる水場に出ます.この辺は沢沿いで涼しくて気持ちよかった.
DSC01176.jpg
DSC01180.jpg

カラマツ林を抜けてて少し急な登りを過ぎると「まめうち平」に到着.まめうち平からの緩い登りは気持ちのいいハイクができますが,この先の急登がしんどい事をまだ誰も知りません.
途中の沢で水を補給.綺麗そうでかなり細かいゴミが入っているのでセイシェルへ.
DSC01182.jpg

蝶ヶ岳ゆるいっしょって誰が言ったんだよって位の歩きにくい蝶沢の源流部ガレ場を登っていきます.
DSC01186.jpg

最終ベンチを過ぎ,大滝山分岐点のお花畑を過ぎるといよいよ蝶ヶ岳ヒュッテへ.
DSC01188.jpg
DSC01189.jpg

いきなり正面にはとんがった槍ヶ岳が飛び込んできます.過去天気のいい日は沢山あったけど,今回ほどスッキリ晴れ風も無く穏やかだったことはなかったかも.
DSC01191.jpg
DSC01195.jpg
DSC01197.jpg
DSC01198.jpg
DSC01199.jpg
DSC01207.jpg
DSC01210.jpg
DSC01212.jpg
DSC01213.jpg
DSC01217.jpg

ザックはじめ道具の多くはUL系ですが,食事は自分達で担ぎ上げ質素なお食事はご遠慮願いたいのでいつもながらガッツリと.cobaが持ってきた焼津産のカツオ.いやそこは静岡県民に持ってきて貰おうよ(笑)
DSC01221.jpg

Hくんはローストビーフ.良く考えたらこっちを信州牛でcobaが作れば・・・w
どちらもすごく旨かった!
DSC01222.jpg

ビールを3本くらい飲んだ後は芋焼酎.さすがに芋焼酎は常温いやなんでランチジャグで氷持参.
無駄なものばっかり持って来てますが,それがうちらのスタイルなんで.
DSC01228.jpg

珍しい現象も見れました.雲の近くに虹が出てたんですよ.なんていう現象なんですかね?
DSC01225.jpg

SOLA TITANIUMGEAR Super Table#1
山やダウンリバー等で使ってこそのこのテーブル.穂高連峰との組み合わせもバッチリです!
DSC01231.jpg
DSC01236.jpg
DSC01237.jpg

あまりの天気の良さに暑過ぎて小屋へ避難.ちょうどテーブルが空いていたのでお借りして宴会の続き.
DSC01262.jpg

Hくんがみんなに1本ずつ持ってきてくれたワイン.こんなのあるんだね~
DSC01263.jpg

まだ食いますよ.定番の鍋!
DSC01269.jpg

シンちゃまも何か持参してくれました.
DSC01272.jpg

自家製チャーシュー!通るハイカーの方々がいい匂いするね~って言ってました.これも旨かった.
そして寝不足のシンくんとHくんは仮眠でテントへ.暑くてうるさくて寝れなかったようですが.
その間自分とcobaは飲みモード.日本酒1升(持参)終わりました(笑)
DSC01277.jpg

今回ビックリしたのがこの時八ヶ岳で会ったこの方達と偶然にも再会!お互いビックリしてましたが、山で会えるのは嬉しいもんですね!またどこかでお会いしましょう!!
DSC01271.jpg

もうすぐ夕暮れ.夕暮れ前の空を見ながらまた山に帰ってきたなと思うのでした.続く.
DSC01284.jpg