Page up▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

槍ヶ岳 Trail Running②

槍へ!
IMG_3333.jpg

殺生ヒュッテと槍分岐辺りに着くころにはガスも抜け始め,槍が姿を現してくれました.走り出し前半,あまり体調が良くなかったけど,この辺りに着いたら体調も良くなりテンションもUP.
IMG_3265_201409032154583b9.jpg

写真ばかり撮ってなかなか前に進まなくても走った分時間はかなり稼げているんで自由度はあがりますね.
IMG_3266_20140903215459df4.jpg
IMG_3267.jpg

朝スタートしたときには雨が降っていたせいか、雷鳥が居ました.雷鳥って人懐こいというか警戒心があまりないというか近くまで寄っても逃げません.なんか背中が寂しげ(笑)
IMG_3269_201409032155014f8.jpg
IMG_3270_201409032155363db.jpg

走って居たのは僕らだけなので朝から誰にも抜かれていません.通常2泊3日くらいで槍を目指す人が多いのかな?走れば上高地からピストンも可能ですが,宴会も楽しみたいので僕らは1泊.
IMG_3332.jpg

この辺りはトレイルもしっかりしているので,走れる箇所は走って登って行きます.
IMG_3334.jpg

でも高山なのですぐ息が上がる.
IMG_3335.jpg

そして槍ヶ岳山荘到着!徳沢から休憩30分くらいで4時間半てとこでしょうか?CTは9時間位だったと思うんで半分で来れちゃいますね.ゴール寸前のみ走っていかにもずっと走って来たかのように小屋に着いたら,登山者の方々からおぉーとか凄いね!と声を掛けてもらい,どこかのレースに出ているようで気分が良かったです(笑)
IMG_3337.jpg

邪魔な・・・いや,その他2人がトイレに行ってる隙に記念に1枚ww
IMG_3272_201409032155372be.jpg

槍の穂先もクッキリ!
IMG_3273.jpg
IMG_3323.jpg

そしていよいよ山頂を目指します.昔登った時はすごく険しいイメージがありましたが,今回登ったら以前ほど厳しさを感じませんでした.ただ相変わらずハシゴはイヤ.
IMG_3322.jpg

最近tomoくんのお気に入りポーズは手を広げやぁみたいなポーズ.でもオレはちょっと待ってに見えるんだけど,それって何のポーズ?今度会ったら聞かせて・・・やっぱり興味ないからいいですw
IMG_3321.jpg
IMG_3274_201409032155397ca.jpg
IMG_3320.jpg
IMG_3319.jpg
IMG_3318.jpg

こう見ても高度感ありますね.ハシゴこえー
IMG_3317.jpg
IMG_3282_20140903215627a7a.jpg
IMG_3281_20140903215626996.jpg
IMG_3280_20140903215626a46.jpg


IMG_3316.jpg
IMG_3315.jpg

そして山頂!2回目の槍は当時考えもしなかったトレランで.
IMG_3314.jpg

ちょっとガスっちゃったけど,お陰で山頂は到着時自分達だけ.そして殆ど人も登ってこないのでガスが抜けるまで待とうって事になり,ちょっとお昼寝(笑)
IMG_3277_201409032156242e6.jpg

写真見るとムズムズする・・・
IMG_3342.jpg

1時間してもガスが抜けそうにないので仕方なく下山.
IMG_3279_20140903215625160.jpg
IMG_3278_2014090321562473e.jpg

そしてお決まりのこれ!このビールが最高に旨かったー
IMG_3283_201409032157076d1.jpg

帰りは殆ど走れるトレイルばかりなので,ずっと走りっぱなし.特に槍沢小屋から横尾間は最高に楽しいトレイルの連続です.目の前に飛び込んできた梓川の景色はすっごくテンション上がりました!


楽しい仲間とハイク&ランで目指した槍ヶ岳.
トレランを始めてから山登り自体も楽になったし1日で歩ける距離はかなり伸びたと感じます.荷物は相変わらずULハイカーなんて呼べる感じではないけど,そもそもUL道具好きのハイカーだから自分は軽い荷物でスピードハイクてスタイルより,テン場を基点に走ってどこかの山を目指し,帰って来たら打ち上げって感じが好きです.
ハイクのスキルもランのスキルもあるメンバーと行った槍ヶ岳.松本の前夜祭も楽しかったしお迎えも・・・(笑)
またみんなで行きましょう!計画するー
IMG_3341.jpg

【槍ヶ岳】
槍ヶ岳(やりがたけ)は飛騨山脈(北アルプス)南部にある標高3,180mの山である.山域は中部山岳国立公園に指定されており,日本で5番目に高い山である.長野県松本市・大町市・岐阜県高山市の境界にある.前の如く天に槍を衝く形が特徴的な高山であり,その形から「日本のマッターホルン」とも言われる.登山者でにぎわい穂高岳などと共に多くの登山者の憧れの的となっている.
深田久弥は、『日本百名山』の中で富士山と槍ヶ岳は日本の山を代表する2つのタイプである.(中略)一生に一度は富士山に登りたいというのが庶民の願いであるように,いやしくも登山に興味を持ち始めた人で,まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わない者はないだろう.すなわち登山をしない者にとって日本を代表する山は富士山だが,登山を愛好する者にとってのそれは槍ヶ岳であると述べている.

テーマ: アウトドア
ジャンル: 趣味・実用

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 南信州HIKER’S (HIKER’S+), all rights reserved.
03 | 2017/04 | 05

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。